楽天証券は、いわずと知れた楽天グループが展開している証券会社です。
日本経済界にその名を知られる三木谷社長がトップに君臨する楽天グループはプロ野球チームも抱えている一大商業グループです。

そのグループ企業である楽天証券は、ネームバリュー、サービスの質共に非常に高レベルであると評判です。
何がそれほど評価されているのかというと、初心者にも使いやすく、上級者にも対応しているその選択肢の広さでしょう。

楽天証券は投資の初心者でも気軽に投資が出来るようにさまざまな工夫を凝らしています。
使いやすい売買ツールもその一つですが、初心者向けセミナーの開催も取り上げることが出来るでしょう。


投資のプロが教えるコツをセミナーを通して理解していくことが出来ます。
楽天証券の口座保有者は無料で参加できる場合がありますし、ネット上で受講することも可能な場合があります。

ですので、初心者であっても楽天証券の口座だけは早めに開いておきたいですね。また、楽天証券は上級者にとっても使いやすい投資ツールになっています。
何といっても有名なのはマーケットスピードではないでしょうか。
これは更新ボタンを押さなくても自動更新してくれる株価表示で、常に最新の株価を教えてくれます。
最新の情報チェックがしやすいので、デイトレを中心に取引する人にも最適な証券会社と言えます。主婦のFXの別バージョンとしても良いかもしれません。

また、海外投資がしやすいのも楽天証券の特徴になっています。特に中国株、米国株双方を積極的に取り扱っているのが特徴的ですね。
成長著しい中国株で勝負するか、安心感のある米国株やドル円のFXに力を注ぐか、選ぶのは投資家しだいです。

もちろん、新興国の投資信託なども取り扱っていますので、ハイリターンを期待する人にもピッタリの業者です。
為替取引初心者にとって扱いやすく、スキルアップまで目指せる楽天証券。上級者のさまざまなニーズにも応える楽天証券。

どんな立ち位置にいたとしても、楽天証券は口座を開設するに値する証券会社ということが出来そうです。

日経225という言葉は聞いたことがあるけれども日経225ミニという言葉は聞いた事がない人が多いような気がします。

そこで今回はこの二つの商品について詳しく解説していく事にしましょう。
まず、日経平均株価という言葉は皆さん聞いたことはあると思います。
良くニュースなどで円とドルの為替などと一緒に紹介されているのでそれを見たことが多いと思います。


しかし、聞いた事はあるけれども意味はよくわからないという方がほとんどでしょう。
日経平均株価というのは、上場している会社の中から225銘柄を選びだしてその平均の株価を表示しているという事になります。


それゆえにこの日経平均株価を見れば今の日本の景気や強さというものが分かります。
今現在は、八千五百円台といったようにかなり下がっていますので経済的には停滞気味と言えるでしょう。
これにはやはり円高が関係しているようでその対策が急務と言えます。
では話を戻して日経225と日経225ミニの違いについて書いていきましょう。


まず先程の話でもわかっていただけたと思いますが、この二つの商品は日経平均のこれからの株価の動きを予測して売り、
買いの注文を入れる事により儲けを出そうという商品なのです。FXと同じように売りも買いも出来るという点もポイントですね。


そして日経225と日経225ミニの最大の違いというのがやはり証拠金が少なくて済むということでしょう。FX初心者でも割と理解しやすいのではないだろうか。


日経225の十分の一で取引を開始することができるので非常に誰でも参入しやすいのです。
証拠金が少なくて済む理由には、やはり取引量を押さえて参加することができるといった点も関係がありそうですね。


ちなみに日経225ミニの証拠金は七万円ほどから可能です。
という事は、日経225では七十万円から証拠金を準備しないといけないという事になりますので、副業としては非常に勇気がいる投資になると言えます。


これまで様々な投資をしてきている人でしたら何とも思わないかもしれませんが始めて投資をやるという方にとっては非常に高い壁と言えるのではないでしょうか?それでは投資家が増えないという事もあり社会人の副業など誰でも参加しやすい日経225ミニを作ったのかもしれませんね。


しかし、あくまでもミニと言いましても、投資することにはリスクも伴いますので自己責任でお願いします。